青空のインコ達~インコと飼主の日記~

セキセイインコとサザナミインコとの日常と成長記録。その他ぺット関連や飼主の雑記などなど

ペレットの保存方法について

こんにちは、けいたろうです。

 

そらのペレットが少なくなってきたので購入しました。

 

今回購入したペレットは↓

f:id:hsnkisk6082:20170605132808j:plain

左から「ズブリームナチュラル パラキート」「ズブリームナチュラオカメインコ」「ハリソンバードフード アダルトライフタイム スーパーファイン」

今回の購入の目的はハリソンになりますが、送料無料と手間を省くためズブリームも購入しました。

ペレットはシードに比べて劣化が早いため保存方法に気をつけなければいけません。

それでは我が家のペレット保管方法をご紹介していきます。

 

 

1 ペレットの保管方法方法を考える

ペレットはそのまま使用していくと空気に触れて酸化してしまい、味も栄養も損なわれてしまいます。理想的な保存環境は空気を極力排除して、冷暗冷所の場所がいいです。要は真空パックして冷凍庫で保管が良いと思います。

2 フードシーラーの導入を検討する

TVショッピングとかで紹介されているあれです。食品などを専用の機械と袋で家庭で真空パックに出来る便利用品です。

我が家でも検討しましたよ。でも、何せ価格が高いし本体も大きい、専用の袋も必要。使用頻度の少ないインコ専用に買うのはちょっと無理。

じゃあ他の食品でも使うなら買えば便利じゃん(´∀`)と思って妻に聞きました。

妻「いらない。そんなに長期間保存しないし」

とういわけで却下!他の方法を検討することにしました。

3 簡易真空パックにする

専用の真空パック機を使わずともそれに近い状態にする方法にしました。

使うものは、簡易シーラーと脱酸素剤と専用の袋、量りとストローです。

結局専用の袋は必要ですがこの場合は汎用性があるものなので良しとします。

※袋については後ほど詳しく説明します。

4 簡易真空パックの手順

 ①準備するもの

     簡易シーラー

       

f:id:hsnkisk6082:20170605122049j:plain

    Amazonの真空保存器カテゴリのベストセラー1位でした。

    いろんな大きさのものに使えるし、温度調節も出来るの購入。

    因みに3,300円くらいでした。 

 専用の袋

   セイニチグリップスさんの「ラミジップ」

   

f:id:hsnkisk6082:20170605122445j:plain

    この袋はアルミで出来るているので防湿性と遮光性に優れています。

    チャック付きなので使う際も便利!

  脱酸素剤

    密閉したあとに袋の中を脱酸素状態(酸素が無い状態)にしてくれる薬剤です。

    因みに真空を目的にするならシリカゲルでは駄目ですよ。目的が違いますからね。

    これも後で詳しく説明します。

f:id:hsnkisk6082:20170605124302j:plain

  ストロー

    人力で空気を抜くために使用します。使い方は後ほど。

  キッチンスケール

    保存するペレットの容量を測るために使用

用意するものはこんなもんです。

 ②手順

   袋にペレットを詰めて、脱酸素剤を入れる

 

f:id:hsnkisk6082:20170605132932j:plain

  ストローで袋の中の空気を抜く

  画像の感じで端っこまでチャックをしてストローを挿入。ストローから空気を吸い出します(人力で吸うだけ)※あんまり奥までストローを入れるとペレットも吸い込んでしまうので注意

f:id:hsnkisk6082:20170605123913j:plain

吸い出したあとはこんな感じ↓

結構密閉した感じになります。

f:id:hsnkisk6082:20170605124018j:plain

 

  シーラーで密封する。

  チャックを閉じただけでは空気が入ってしまうので、シーラーで圧着します。

  シーラーをコンセントに接続して圧着。ラミジップは結構厚さがあるため、温度は最高の5に設定します。

f:id:hsnkisk6082:20170605124237j:plain

 

 密閉する

    チャックの少し上ぐらいを密閉します。

    挟んだらボタンを押します。ランプが点灯するので消えるまで押さえます。

    この際に手で端までギュッと抑えてやると良くくっつきます。

     もしくっついてない場合は何回かやっても問題なし。

f:id:hsnkisk6082:20170605124651j:plain

 密閉したあとはこんな感じ感じに青い線のちょっと上をシーラーしました。

 ちょっとわかりづらいかな(^_^;)

  

f:id:hsnkisk6082:20170605124759p:plain

 

 脱酸素剤の反応を待つ

  脱酸素剤が化学反応を起こし、脱酸素状態になるまで少しかかるため、常温で2時間ほど放置。

 

 冷凍庫で保管

   脱酸素剤の反応が終わり、密閉を確認したらそのまま冷凍庫へ保存。

   画像はズブリームのオカメインコ用を密閉をしたもの。かなりカッチカッチになります。

  

f:id:hsnkisk6082:20170605125255j:plain

 

4 使用する袋について

 使用する袋については「ガスバリア性」のある袋でないと効果がありません。

 要は袋に空気を通さない機能があるかということ。

  普通のジップロックでも最初は密閉を出来ますが、空気を通してしまうため、

  徐々に空気が入ってきて脱酸素剤の効果がなくなってしまいます。

  因みに透明の袋でも「ガスバリア性」があれば問題ありません。

  ただ透明の袋は遮光性が無いのでご注意ください。

 

5 脱酸素剤とシリカゲル(除湿剤)

   保存する際に使う薬剤として有名なのは「シリカゲル」だと思います。

   「シリカゲル」はあくまでも水分を吸着してくれるものなので、今回の目的である真空状態ということはでは使えません。

我が家では、真空状態の保存の時は「脱酸素剤」開封後の保存の時は「シリカゲル」と使い分けています。

 

以上が我が家で実践しているペレットの保存方法です。

これから梅雨時期を迎えてカビ等が発生しやすい環境になっていきますので、よければ参考にしてください。

ドックフードやキャットフード、お茶やコーヒーの保存にも使える方法ですよ。